「2018〜2019年度クラブ活動計画」
会長 横須賀 昭男

バリー・ラシンRI会長のテーマは、「BE THE INSPIRATION・インスピレーションになろう」であります。
 そして2018〜19年度地区スローガンは「ロータリーを学び、実践し、発信しよう;Enjoy Rotary」であります。
 近年、京都八幡ロータリークラブでは、大変大きな事業や事柄が続きました。チャーターメンバーである坂本克也会員を、地区ガバナーとして排出して以来、地区大会を開催し、IM第3組をホストクラブとして開催し、福井純史会員をガバナー補佐として、地区役員として出向して頂き、昨年はクラブの40周年事業に取り組んでまいりました。
 このように我がクラブが、30名前後という少数クラブではありながら、大きな事業に取り組んできたのでクラブ員同士の絆や意識も高まってまいりました。
 しかしながら、これらの大きな事業による疲れが出てきたのとマンネリ化してきたようで、出席率も低下し、会員数の減少課題になっている今日、今こそ皆さんの英知を絞り活性化してゆかなくてはなりません。  
 そこで、今年は創意を凝らした奉仕や新しいことに挑戦し、クラブを活性化しよう、会員数を増加しようと言う意味で、今年のスローガンを「変化に挑戦しよう」とし、クラブの皆様の協力と団結を得る中で、奉仕の精神のもと、クラブ再生や地域社会への奉仕を目指し、取り組んで頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。