「2019年〜2020年度クラブ活動方針」
会長 畑中 清博
 2019−2020年度の会長を務めることになりました。皆様方のご協力により努力し、地域社会の皆様方から「さすがロータリークラブ」と認められるように最善を、尽くす所存です。また、尊敬・羨望の対象になりうるロータリアンを目指しましょう。
 1992年12月諸先輩の推薦にて入会し、京都八幡ロータリークラブ創立25周年を迎える、2002−03年に会長を拝命しました。あれから、17年の時が過ぎた体力は大丈夫とは言えませんが、今までに培った知恵と経験は役立つかと思います。
 マーク・ダニエル・マローニー 2019−20年度 国際ロータリー会長メッセージ
「ロータリーは世界をつなぐ」佐竹 力總 2019−20年度 第2650地区ガバナースローガン「伝統と革新 世界はひとつ」以上の理念・スローガンを踏まえ京都八幡ロータリークラブの活動方針を定めました。
限りある人生に生き甲斐と喜びを
   奉仕活動は身の回りから地域社会へ!

クラブの最重要課題
 現在会員 25名 例会出席可能人員19〜20名 組織存亡の危機
 年度達成目標 30名 新規増強 5名
 毎月 入会候補者1〜2名 複数の勧誘担当者が活動する 理事会で定め、結果確認

計画作成に当っての留意点
 *対外奉仕
  実施事項や事業計画は厳選のうえ、計画、企画、実施への手順、担当者を定め話合
  い、必要に応じて複数の委員会との共同も考える
 *対内奉仕
  会員相互及び家族の親睦を重視し、参加者の輪を一層ひろげることも検討
 *社会奉仕事業については、諸団体の参加要請に応じるだけでなく、ロータリーの
  独自計画の事業・地域社会の課題解決に協力、協賛、支援を行う
 *各事業に必要な予算作成は、総額のみでなく、それぞれの項目に対応する必要額を
  明記すること なお次年度会計担当者の意見も聞いて行う

略歴・プロフィール
 生年月日  1937年 3月27日
 最終学歴  1959年 3月     同志社大学経済学部卒業
 職   歴  1991年12月     京都労働基準局長を辞す
         1992年 4月    畑中労働経済研究所設立し現在にいたる
 そ の 他   1992年 6月    日本労働ペンクラブ入会し現在に至る
         2000年 4月1日  京都労働局労働条件紛争担当参与に就任現在に至る
 称号・勲章 2004年 8月 8日  中国陝西省宝鶏市より 宝鶏市栄誉市民称号
         2017年 4月29日  勲章 瑞宝双光章を拝受